翻訳はみつかりませんでした

ジム・クレイマー氏に学ぶ:新型コロナウィルスに負けない銘柄はこれだ(2020年4月編)

CNBCで放送中のMad Moneyの中で、「Mad Covid-19 Index」と銘打って、コロナウィルスパンデミック下の経済でもリターンを期待できる銘柄が紹介されていたので、Stay-at-Home株と併せてご紹介します。

1. 背景と注意点

ジム・クレイマー氏がホストを努めるTV番組「Mad Money w/ Jim Cramer」では、新型コロナウィルスが蔓延して全体的に株価が低迷中の間も「Stay-at-Home株」という形で、外出自粛中の経済の恩恵を受け、今後の株価の上昇が見込まれる銘柄を紹介してきました。

新型コロナウィルスによる企業への影響は、企業活動に大打撃を受けたセクター(旅行関連株、エネルギー株等)と、打撃が比較的軽微または恩恵をうけたセクターに大きく分かれました。このため、クレイマー氏は、今の時期は、両者を含むS&P 500のインデクスファンドに投資するよりも打撃が比較的軽微または恩恵をうけたセクターに投資を集中した方がよいという考えにいたったようで「Mad COVID-19インデックス」という形で、新型コロナウィルスパンデミック中にも株価が上がっていた、または終息後に株価の上昇が見込まれる銘柄のリストを紹介しました。

ということで、今回の「Mad Covid-19 Index」は保存版のリストになると思うので、見つけやすいように、フォーラムへの投稿ではなくて独立した記事としてこちらに掲載することにしました。尚、2020年5月11日の放送時には、「Cramer Covid-19 Index」と呼ばれていました。

紹介されている銘柄によっては既に価格が上がりすぎているものもあるので、すべての銘柄について今が買い時というわけではありません。買うタイミングについては、個別に判断をするようお願いします。また、本記事は特定の銘柄への投資を推奨するものではない点、ご理解・ご了承ください。

2. ジム・クレイマー氏による「Mad COVID-19インデックス」(2020年4月27日放送

2020年4月27日放送のマッドマネーの中で、以下の17セクター(およそ100銘柄)が、現在のトリッキーな経済の下でもリターンを期待できる銘柄として紹介されました。

  セクター 企業名(銘柄コード)
Beverages PepsiCo (PEP), Boston Beer (SAM)
Cloud software Salesforce (CRM), Adobe (ADBE), Zoom Video (ZM), RingCentral (RNG), Slack (WORK), CrowdStrike (CRWD), Okta (OKTA), Zscaler (ZS), Cloudflare (NET), Coupa Software (COUP), DocuSign (DOCU), Everbridge (EVBG), Veeva Systems (VEEV)
Consumer packaged goods Clorox (CLX), Colgate-Palmolive (CL), Kimberly-Clark (KMB), Procter & Gamble (PG)
E-commerce Chewy (CHWY), EBay (EBAY), Shopify (SHOP), Prologis (PLD)
Financials MarketAxess (MKTX), Tradeweb (TW), Square (SQ), PayPal (PYPL)
Video games Activision Blizzard (ATVI), Electronic Arts (EA), Take-Two Interactive (TTWO)
Home entertainment providers Netflix (NFLX), Roku (ROKU), Snap (SNAP), Spotify (SHOP), Akamai Technologies (AKAM), The Trade Desk (TTD)
Health care Abbott Laboratories (ABT), AbbVie (ABBV), Centene (CNC), UnitedHealth Group (UNH), Gilead Sciences (GILD), Regeneron (REGN), Sanofi (SNY), Danaher (DHR), Thermo Fisher (TMO), Eli Lilly (LLY), Baxter (BAX), Becton Dickinson (BDX), DexCom (DXCM), GlaxoSmithKline (GSK), Johnson & Johnson (JNJ), Masimo (MASI), Perrigo (PRGO), Pfizer (PFE), ResMed (RMD), Zoetis (ZTS)
Mega-cap technology Alphabet (GOOGL), Amazon (AMZN), Apple (APPL), Microsoft (MSFT)
Samll-cap tech Citrix Systems (CTXS), Logitech (LOGI)
Packaged food Campbell Soup (CPB), Conagra (CAG), General Mills (GIS), Hormel (HRL), J M Smucker (SJM), Kellogg (K), McCormick (MKC), Mondelez (MDLZ)
REITs American Tower (AMT), Crown Castle (CCI), CoreSite Realty (COR), Digital Realty (DLR), Equinix (EQIX)
Restaurant survivors Chipotle (CMG), Domino’s Pizza (DPZ), Wingstop (WING)
Retail survivors Costco (COST), Walmart (WMT), Dollar General (DG), Home Depot (HD)
Semiconductors Advanced Micro Devices (AMD), Nvidia (NVDA), Marvell Technology (MRVL)
Safety stocks Dominion Energy (D), NextEra Energy (NEE), Verizon (VZ)
‘Exotics’ (Catch All) BioNTech (BNTX), Inovio (INO), Moderna (MRNR), Livongo (LVGO), Teladoc Health (TDOC), Barrick Gold (GOLD), Beyond Meat (BYND), Freshpet (FRPT), Inseego (INSG), Owens & Minor (OMI), Peloton (PTON)

参照:2020年4月27日放送:Jim Cramer reveals his ‘Mad Covid-19 Index’ of stocks for this ‘tricky environment’ (https://www.cnbc.com/2020/04/27/jim-cramer-mad-covid-19-index-of-stocks-to-invest-in-this-tricky-environment.html)より

3. 「Mad COVID-19インデックス」の前身にあたる「Stay-At-Home株」リスト

3.1 コロナウイルスのパンデミックの下でも生き残る銘柄(2020年4月23日放送)

この日の放送では、コロナウイルスのパンデミックに適応し、ビジネスを維持し、利益を得ることができた企業(Companies that have been able to adapt, maintain business and benefit from the coronavirus pandemic)として以下が紹介されました。

  • Retail plays: Amazon (AMZN), Walmart (WMT), Costco (COST), Target (TGT)
  • Consumer goods plays: Kimberly-Clark (KMB), Procter & Gamble (PG)
  • Pantry plays: Hormel Foods (HRL), J M Smucker (SJM), General Mills (GIS), Mondelez International (MOLZ), McCormick (MKC)
  • Stay-at-home plays: Zoom Video Communications (ZM), RingCentral (RNG), ZScaler (GS), Okta (OKTA), Crowdstrike (CRWD), Domino’s Pizza (DPZ), Netflix (NFLX)

参照:2020年4月23日放送: Stop buying index funds and buy these ‘Covid winners’ (https://www.cnbc.com/2020/04/23/jim-cramer-stop-buying-index-funds-and-buy-these-covid-winners.html)より

3.2 Stay-at-Home ポートフォリオに入れるべき銘柄(2020年4月15日放送)

この日の放送では、stay-at-home ポートフォリオに入れるべき銘柄として、以下の18銘柄が紹介されました。

Netflix (NFLX), Activision Blizzard (ATVI), Take-Two Interactive (TTWO), Nvidia (NVDA), Advanced Micro Devices (AMD), Amazon (AMZN), Domino’s Pizza (DPZ), Constelation Brands (STZ), Dollar General (DZ), Walmart (WMT), Costco (COST), Campbell Soup (CPB), Mondelez (MDLZ), PepsiCo (PEP), Conagra Brands (CAG), McCormick (MKC), Zoom Video Communications (ZM), Roku (ROKU).

参照:2020年4月15日放送Jim Cramer: 18 stock picks worth owning over the S&P 500 (https://www.cnbc.com/2020/04/15/jim-cramer-18-stock-picks-worth-owning-over-the-sp-500.html) より

3.3 それ以前の放送で紹介されたStay-At-Home株(2020年2月27日~4月6日)

本サイトの「Mad Moneyエピソードのまとめ」フォーラムの以下の投稿中に、2020年2月27日~4月6日までにMad Moneyの放送中にStay-At-Homeについて語られた時のエピソードをリストしました。→ Mad Money: 2020年 Stay-at-Home Stocks に関するエピソード(~2020年4月6日

The following two tabs change content below.
アバター
アメリカ(ニューヨーク)に住み始めて17年目です。株式投資、インターネット活動を通して自宅で安定収入を得ることを目指しています。 ▶ 詳しいプロフィールはこちらから。
**********************
I am a Japanese, residing in the US. I am trying to find a way to earn stable income at home through investments in stocks or other products as well as some sort of internet business. ▶ More detailed profile can be viewed from here.