アメリカ在住者におすすめの仮想通貨取引所 (国内取引所) 

アメリカに在住の人が使いやすい仮想通貨取引所についての簡単なまとめです。米ドルの送受信ができる、コインベース(コインベースプロ)、ビットレックス、ビットフライヤー、ジェミニ、クラーケン、バイナンスUSについて、簡単に紹介しています。無料で仮想通貨の売買ができる投資アプリ「ロビンフッド」についても説明を加えました。

1. 仮想通貨取引所に口座を持つ前に知っておきたいこと

まず、仮想通貨取引所とは、仮想通貨(暗号通貨)の売買をすることができる取引所です。

そもそのどの国の在住者が口座を開設して取引を行うことができるのかは各取引所によって異なります。例えば、アメリカの取引所の場合は、州毎に許認可が必要のようで、認可のおりていない州の住民の場合はその取引所ではそもそも口座の開設ができません。同様に、アメリカ国外にある取引所の場合にはアメリカ在住者は口座の開設ができない可能性もあります。

どの仮想通貨を取り扱っているのかは各取引所によって異なります。また、アメリカドルや日本円のような法定通貨を出入金できる取引所とそうでない取引所があります。以下、アメリカドルを出入金できる国内の仮想通貨取引所を取り上げて検討してみました。

もちろん、下記以外にも仮想通貨取引所は数えきれないくらいあります。CoinMarketCapが取引高の高い順に、約300か所の仮想通貨取引所を掲載しているので興味のある方はご覧ください。

2.アメリカドルの出入金&仮想通貨の送受信ができる国内の仮想通貨取引所

2.1 コインベース(Coinbase)

サイト:https://www.coinbase.com/

アメリカで仮想通貨取引を始めるにあたって、10人にアドバイスを求めた場合、10人ともまずコインベースを勧めると思うくらい有名です。

コインベースには仮想通貨での出入金ができます。さらに、自分の銀行口座から取引所にアメリカドルを送金し(ACH、Wire Transfer、デビットカード)、ドルベースで仮想通貨を購入できます。(出典: Coinbase: Payment Methods for US Customers)

引き出すときは銀行への出金の他、アメリカドルでのペイパルへの送金も可能です。(出典: Coinbase: PayPal FAQ)

取り扱い通貨は、私が口座を開いた当時(2017年末)はBTC 、BCH、ETH 、LTC の4種類でしたが、徐々に取り扱い数が増え、2019年12月18日現在は上記に加え、BAT 、DAI、DASH、EOS、ETC、LINK、OXT、REP、USDC 、XLM、XRP 、XTZ、ZEC 、ZRXが取引可能となっています。但しニューヨーク州住民の場合は、取引可能なのは、上記4通貨にDAI、ETC、LINK、XLMとXRPを加えた9通貨のみです。(出典:Coinbase: Supported Cryptocurrencies

コインベースでの取引はマーケット注文(現在レートでの指値注文)のみです。但し、コインベースのスマホアプリを使うと、一定の価格になったらスマホで通知を受け取るように設定ができます。

売買にあたっては、ドル金額での指定(当該通貨を何ドル分買うか)または通貨数(当該通貨を何コイン買うか)のいずれかの方法で注文することができます。初心者には使いやすい取引所です。

これからコインベースに口座を開く方は、以下の記事も参考にしてください。

アメリカ在住者がコインベースに口座を開設し、身分認証をする方法について解説します。開設から180日以内に$100以上の売買をすると$10相当のビットコインがもらえるのでお見逃しなく。

2.2 コインベース・プロ(Coinbase Pro)

サイト:https://pro.coinbase.com/

コインベースの口座を開くと、自動的にコインベース・プロの口座も開設されます(以前はGDAXという名前でしたが、改名してコインベース・プロとなりました)。パスワードはコインベースの口座と一緒です。

こちらは、株式投資と同様、マーケット注文のほかにリミット注文(売買価格を指定して注文・指値注文)、ストップ注文(逆指値注文)ができるので、今は高いけどこれくらいの価格になったら買いたい(今は安いけどこれくらいの価格になったら売りたい)という場合にはこちらが使えます。

取り扱い通貨は、コインベースよりも多く、アメリカの顧客の場合(ニューヨーク州は除きます)上記のコインベースでの取り扱い通貨に加え、ALGO、CVC、DNT、GNT、GNT、LOOM、MANAの取引、送付、受け取りができるようです。ニューヨーク州在住者の場合は、コインベースで扱える9種類の通貨にALGOを加えた10種類の仮想通貨の取引が可能です。

2.3 ビットレックス(Bittrex)

  • サイト:https://bittrex.com/
    • Bittrexはアメリカ市民およびアメリカ在住者向けの取引所で、他国の顧客向けには別途Bittrex Globalがあるようです。
  • 出入金:全ての州ではありませが、多くの州でアメリカドルベースの出入金に対応しています。アメリカドルベースの入金ができない場合は、別の仮想通貨取引所で入手したUSDT 、BTC またはETH を使って入金することになります。(出典: Bittrex: Fiat (US Dollar) Trading, Deposits and Withdrawals)
  • 取り扱い通貨の確認はこちらから。→ Bittrex: Markets
    • 尚、アメリカの顧客は、2019年6月21日から32種類の仮想通貨が、2019年6月28日から追加で42の仮想通貨の取引ができなくなります。これらの74の仮想通貨は、Bittrex Internationalでは引き続き取引できるようです。(出典:Bittrex: Market Availability Changes for U.S. Customers)
  • ニューヨーク州在住者はビットレックスの顧客となることができません。(Bittrex: State-Specific Disclosures) 以前は可能でしたが、2019年4月11日をもって、ニューヨーク州の顧客はBittrexでの取引ができなくなりました。

<BittrexからのEメール>

2.4 ビットフライヤーUSA(Bitflyer USA)

  • サイト:https://bitflyer.com/en-us/
    • 日本にも取引所がありますが、別法人(アメリカ法人)としているようです。
  • 取り扱い通貨:Bitcoin(BTC)、Ethereum (ETH)、Ethereum Classic (ETC)、Litecoin (LTC)およびBitcoin Cash (BTC)の取引ができるようです。(参考:Fees
  • 出入金:アメリカドルの出入金および仮想通貨の送受信が可能です。(参考:Bitflyer: Q&A Deposit/Withdrawal)
  • NY州を含む多くの州で利用できます(参考:Bitflyer: States Where We Operate)

2.5 ジェミニ(Gemni)

  • サイト:https://gemini.com/
  • 取引可能通貨:州によって若干違いますが、基本的にBTC、 ETH、LTC、BCH、ZEC, GUSDの取引ができます。
  • 出入金:アメリカドルでの出入金および仮想通貨の送受信が可能です。(参考:Fiat (USD) TransfersおよびDigital Asset Transfers
  • 現時点では、ハワイ以外の各州で取引可能のようです。ハワイについてもサービス提供予定のようです。(参考:Gemini: Areas of Operation)

2.6 クラーケン(Kraken)

  • サイト:https://www.kraken.com/
  • 取引可能通貨:20種類の通貨が取引可能です。
    (参考:https://support.kraken.com/hc/en-us/articles/360000678446-Cryptocurrencies-available-on-Kraken-and-their-symbols- )
  • 出入金:アメリカドルおよび仮想通貨の送受信が可能です。
    (参考:https://support.kraken.com/hc/en-us/articles/360000381846-Fiat-currency-deposit-options-fees-minimums-and-processing-times-および https://support.kraken.com/hc/en-us/articles/360000767986-Cryptocurrency-withdrawal-fees-and-minimums)
  • アメリカでサービスを提供していない州はニューヨーク州とワシントン州のみのようです。
    (参考: https://support.kraken.com/hc/en-us/articles/360001368823-Geographic-Restrictions-Can-I-use-Kraken-if-I-m-from-)

2.7 バイナンスUS (Binance US)

  • サイト:https://www.binance.us/en
    • 本家サイトはhttps://www.binance.com/enですが、アメリカ市民、アメリカ在住者向けのサイトとして2019年の9月に取引開始しました。
  • 取引可能通貨: 20種類の通貨が取引可能です。新しく取引される通貨も順次増えています(参考: Binance US: New Listings)
  • 出入金: アメリカドルでの出入金(Wire、ACH、デビットカード)および仮想通貨の送受信が可能です。 (Binance US: Deposit & Withdrawal Guidelines
  • ニューヨーク州をはじめとする12州(アラバマ、コネチカット、フロリダ、ハワイ、アイダホ、ルイジアナ、ニューヨーク、ノースカロライナ、テキサス、ジョージア、ベルモント、ワシントン )ではまだサービスの提供をしていないようです(参考: Binance US: States That Binance.US Does Not Currently Support)

3. アメリカドルで出入金できる仮想通貨取引アプリ

3.1 ロビンフッド(Robinhood)

仮想通貨取引所ではないのですが、一番気軽に仮想通貨取引をする方法として、投資アプリ「Robinhood」を使う方法があります。無料で株式投資ができるアプリとして人気ですが (スマホアプリの方が有名ですが、PCからでもログイン・取引できます)、仮想通貨取引も無料で提供しています。

ただし、仮想通貨の送受信はできないので、純粋に仮想通貨の取引をして利ザヤを楽しみたい人向きです。

まだロビンフッドを利用していない方は、以下の記事も参考にしてください。

今回は投資アプリ「Robinhood」の簡単な紹介および口座開設の手順についてです。株式、ETF、オプション、仮想通貨の取引が無料でできます。また、口座を開設するとサインアップボーナスとして上場株式が1株貰えます。

RobinhoodはNY州のビットライセンスを既に取得している点が個人的にポイントが高いです。 上記のセクション2で紹介した仮想通貨取引所の中では、Coinbase/Coinbase Pro、Bitflyer USA、Gemniがビットコインライセンスを取得済みです。ビットライセンスについて興味のある方は以下の記事もご覧ください。

ニューヨーク州で仮想通貨業を行うためのビットライセンス(BitLicense)を取得している会社がどれくらいあるのか調べてみました。
The following two tabs change content below.